結婚での引越し

結婚をして新居に引越すこととなりました。 物件選びは非常に楽しく、引越しの前まではここにあれを置こう!カーテンは何色にしよう! など間取り図を見ながら夫とワクワクしながら話していました。 しかし、いざ引越しが始まってみると、まったく思い通りに行かず、 「あれ?あの荷物はどこに行った?」「え!ガスってプロパンだったの!!」 「電話加入権って何ー。 NTTに連絡すれば使えるんじゃないの―?」と大騒ぎでした。 考えてみれば、私も夫も結婚前まで実家暮らしだった為、 親に頼りっぱなしでお互い分からないことだらけでした。 結婚して家庭を持ち一人前になったつもりでしたが、まだまだ自分達の未熟さを痛感しました。 色々勉強になりましたが、結婚前に一人暮らしをしておけば良かったかなと今更ながら思いました。 自分の子供達が一人暮らしをしたいといったら応援してあげても良いかなーと思いました。 https://www.sou-un.jp/

結婚して初めて暮らした部屋

結婚したとき、初めて借りた部屋は二世帯住宅の二階の部屋でした。 もちろん、二世帯住宅だったので、二階はアパートのように戸別になっていましたから、 下の大家さんに気遣うことも少なかったんですが、あまりにも広く、立派な部屋でしたので、 ちょっとばかり気を付けて暮らそうと思いました。 その住居に引越したとき、あらかじめ家具の配置を考えてはいたんですが、 これがなかなかうまくいきませんで。というのは、 嫁さんのお父さんに家具類や家電製品を買ってもらったんですが、それらすべて大きなもので、 たいへん高価なものばかりでした。「これはちょっと、大きいかな……」などと僕は心配をしれたんですが、 お父さんは人の話なんて聞きません。「これだ」といったら曲げないんですね。 おかげで新居のレイアウトも意味をなさなくなりました。 まあ、最初から大きな家具のレイアウトや収納のしかたを考えておけばよかったんですがね。 で、このときは僕は一間のアパート暮らしでしたから、 引越しをするときもわざわざ業者を頼むようなことはせず、友人に軽トラを出してもらって、 一回ですませてしまいました。あとは嫁さんのお父さんに買ってもらった家具類は、 お店の方から直接配送されましたので、これも荷が届くのを待つばかりでしたね。ラクでしたよ。 ただ、僕も一端の社会人でしたので、こうした引越しは会社の休みを利用して、 短時間で終わらせなければなりません。そこがちょっとハードでしたが。

ページの先頭へ